四季鮮彩 喜田乃

‘旬の食材 11月 鱈’

旬の食材 11月 鱈 その2

2016-11-15
鱈は世界中の寒い海に分布している魚です。食する以外にも肝臓からは「肝油」、胆嚢からは消化薬の原料、ウキブクロからはニカワなどが採れ、世界中の文化と関わっており、国際性豊かな魚です。
獲れたばかりの鱈の身肉は透き通っていて臭みがなく、刺身にも好適ですが、鮮度低下が早く一般には食せません。
以下の2種もタラの仲間です。
スケトウダラ ・・・マダラよりも小型、約60cmで細長い。
生産量はマダラより多く、身肉はすり身、卵巣はタラコや明太子の原料になります。
コマイ・・・スケトウダラより更に小型で体長は約30cm。北海道東部の汽水湖において、氷の下から漁獲されます。
tara2

旬の食材 11月 鱈 その1

2016-11-04

tara

11月に入り、めっきり寒くなってきました。寒くなると美味しくなるものが沢山ありますが、まずは鱈を紹介したいと思います。
魚編に雪と書くことからも解る通り、初雪の後あたりに獲れ出す魚です。鱈は何でも食べる雑食性の魚で、そのお腹のようだと言う意味で「たらふく食う」と言う言葉になったようです。
「たら」と言う名前は、体表の斑紋が「まだら」だからと言う説が有力で、「マ」が脱落して「タラ」となったようです。


Copyright(c) 2016 四季鮮菜 喜田乃 All Rights Reserved.