四季鮮彩 喜田乃

旬の食材 9月 さんま その2

2016-09-08
「サンマ」の語源には、以下の2つの説があります。
説1)サンマの「サ」は「狭い、細い」という意味。古名の細長い魚を意味する「狭真魚(サマナ)」がサンマになった。
説2)サンマは外洋性の魚で、数百万から数千万尾もの大群で泳ぎ回ります。こうした習性の、大きな群れという意味の「沢」と、魚を意味する「ま」とを結びつけた「さわんま」が名前の由来となった 。
さてどちらの説が正解でしょうか?
img1013629843
Copyright(c) 2016 四季鮮菜 喜田乃 All Rights Reserved.